園長ブログ
 
 
 
 

 みさと幼稚園では子供達全員ができることを一つずつ増やして子供一人一人ができることを増やす保育を進めています。それは保育の中の「読み書き計算」「かけっこ・体操」「鍵盤ハーモニカ」だけではなく、園生活の中でも意識して保育をしています。年少さんから日直でみんなの前で朝の挨拶や給食の挨拶をしたり、年長さんが毎週の朝礼の司会をしたりしているのもそういう理由からです。さて、園便り10月号の『できていることチェック』のできることは増えてきているでしょうか。お子さんの未来のために、無理せずにでも少しずつお子さんのできることを増やしていってあげましょう。
 ひとつ「カバンを自分で背負っている」を例に出して、「できる」か「できないか」でどんな影響があるか説明します。
 お迎えでポイとお母さんにカバンを渡している姿を見かけます。そうすると、子供はカバンや荷物は親が持つものと思ってしまいます。用意は全て親がするものと考えるようになります。そうすると将来カバンやものを忘れてしまったときに「何でもってきてくれなかったの?」と人のせいにするようになります。幼稚園や小学校低学年の時にはそれでもいいかもしれませんが大きくなってからもそれで大丈夫でしょうか。いつか子供の要求に親が応えられなくなるときが来てしまいます。そうなる前にちょっとの工夫をしてお子さんのできることを少しずつ増やしてあげましょう。そうすることで自分の生き方に自分で責任がもてるようにしてあげることができます。
 今その習慣が身についていない子の親は最初ちょっと大変だと思います。なんせ、今まで親がやってくれたことを自分でやらなくてはならなくなるからです。でも、最初はちょっとからスタートして、その『ちょっと』をしっかりとほめてあげて、気持ちよく習慣付かせてあげてください。
 子供はいろいろなことができるように生まれてきます。もしできないとしたら、環境が整っていないか、やり方がわからないのかのいずれかです。
 親子で楽しく『できることチェック』を進め、できることが多くなったら、さらに上手にできるようにして子供の成長を親子で喜び、楽しめる子育てをしていきましょう。

 徐々に寒さの厳しい時期になっていきます。寒い時期は厚着になりがちですが、薄着にすることで皮膚が外気に触れて刺激を受けます。また、寒さを感じることで適応能力が高まります。そのことで体に備わっている調節機能が高くなり、風邪の引きにくい丈夫な体作りができます。今年は新型コロナウイルスとインフルエンザのダブルウイルスにかからないような健康管理が必要です。気を許すと体調を崩しやすい時期ですが、お子さんの抵抗力を上げるためにも、栄養と睡眠をたっぷりととり、手洗いうがいの励行と薄着で寒さに負けない体作りをし、北風に負けずに元気に登園してください。
  保護者の皆さんも師走は大変忙しい時期ですが、体調を崩すことなく今年の冬を乗り越えてください。

 
園 長 中川 進
 
 
★ジャンパーやコート・手袋について
防寒着の着用は歩きコースは園の門まで、バスコースはバス停までとさせて頂きます。門・バス停で脱いでの登園となります。
寒い日が続きますが、保育室を暖かくしているため、薄着での登園を心掛けてください。
  
★ハンカチについて
ハンカチは衛生面としてだけではなく火災が起きた時に口を塞ぐためにも使います。制服のズボン・スカートのポケットに入れて登園させて下さい。
  
★インフルエンザの出席停止期間について
インフルエンザが発症した際の出席停止期間は「発症後5日を経過し、かつ解熱後3日間」です。抗インフルエンザ薬の普及で解熱が早くなり、感染力が残ったまま登園するケースが増えていたためです。熱などの症状が消えても体内にインフルエンザウイルスが残っているので、処方を受けた日数分の薬は最後まで飲みきってください。
発症後・解熱後の日数は発症日・解熱日を0日目で数え、6日目かつ4日目から登園できます。

  
★治癒証明について
インフルエンザ等の学校感染症と診断された場合、幼稚園で保護者の方に書いていただく『学校において予防すべき感染症による欠席届』があります。その用紙に記入いただければ出席停止として扱いますので、医療機関から治癒証明を頂かなくても結構です。お子様が元気になり、登園してきた時に担任が用紙をお渡しします。
 
★一円玉募金について
ご家庭に眠っている一円玉や五円玉がありましたら、12月4日(金)までにお子様に持たせて下さい。今年も集まったお金は子供の手で農協の窓口に届け、皆様と子供達の温かい心は募金として(福)三郷市社会福祉協議会を通して福祉活動などに役に立てて頂きます。ご協力をお願いします。
 
★植木鉢について(年長)
今年度、園では苗植えを行いませんでした。年長組は鉢を持ち帰りますので、12月7日(月)までに持ち帰り用の袋をお持たせください。袋には記名をお願いします。袋は紙袋でもビニール袋でも構いません。
 
★令和3年度通園方法について
来年度(令和3年4月から)、バス通園から徒歩通園に、徒歩通園からバス通園に通園方法の変更を予定されている方は12月4日までにお知らせください。既に来年度のバス運行予定を作り始めています。通園方法に移動の予定のある方・今年度と引き続きバス停が2か所になる方は必ずこの時期にお申し出ください。また、これから移動の予定が出た場合は速やかにお知らせください。お伝えいただける時期が遅れるとご希望に添えない場合やご自宅からバス停まで移動を要する場合もあります。
バス運行予定作成の際に全員の方のご希望をお聞きすると朝遊びの時間を確保することはもちろん、保育時間を確保することができなくなります(10時までにバスが園に着けなくなるということです)。お迎えやお送りに行く場所については配慮できる場合もありますが、時間について、早い時間でとか遅い時間でとかのご希望をお聞きすることはできません。また、今年度が早い時間でも、来年度は遅い時間になることもあります。時間の目安として、朝は8時頃から9時30分頃まで、帰りの時間は2時20分頃〜3時50分頃までの時間の幅でお考えください。
 
★三郷市による放射線測定結果について
11月5日に三郷市放射線対策室による測定を行いました。結果は園庭中央部の50センチで0.06μSV/hでした。砂場の地表5pは0.06μSV/hでした。
 
★年賀状について
毎年担任より年賀状をお出ししています。喪中の方は寒中見舞いとしてお出ししますので担任までお声かけ下さい。
 
《今年度の発表会について》
みさと幼稚園では、発表会や成果発表会では、お子さんの学年のみの発表ではなく、年長・年
中・年少の組合せで成長段階に合わせた全ての学年の発表を見ていただきたいと考えていま
す。しかし、今年度は感染症の影響で会場の利用制限等もありますので以下のように実施い
たします。
・発表中もホールの出入口は換気のため開放
・座席は自由席と立ち見はなし、全席指定のみで園児1名あたり2座席
・1家庭2座席の隣は1席空けての座席配置
・ホールに入場できる人数は2名まで(抱っこできる未就園児・膝に座らせられる園児は大丈
夫です)
・保護者の方:マスク着用園児:行き帰りはマスク着用(発表時はとります)
・検温(平熱より1度以上、また風邪症状がある場合は欠席・来場しない)
・園児は受入れ時、保護者はホール入場時に手指のスプレー消毒
・座席でのカメラ・動画撮影はなし
・お子さんの発表のみ、保護者1名以内のみ撮影での立見席利用可。一脚の使用は可、三脚
や三脚同様のものの使用は不可。互いに距離をとり、密にならないようにしてください。
※利用制限の緩和があっても今年度は1座席空けての座席配置での実施を考えています。
※利用制限がさらに厳しくなった場合は鷹野
 
保護者自身の工夫のポイント
@否定的な感情が生じたときは、まずはそういう気持ちに気付き、認めることが大切です。
A自分の時間や心に余裕がないときは、深呼吸をして気持ちを落ち着け、ゆっくり5秒数えたり、窓を開けて風にあたって気分転換しましょう。
B周囲の力を借りると解決することもあります。勇気をもってSOSを出すことで、まだ気付いていない支援やサービスに出会えたりします。
(厚労省児童虐待防止推進月間リーフレットより より詳細な内容は https://www.mhlw.go.jp/content/000598146.pdf
 
 
 
Copyright (C) 2004 Misato kindergarten. All Rights Reserved.
ライン
学校法人 中川学園 みさと幼稚園
〒341-0035 埼玉県三郷市鷹野1-183
TEL 048-955-1741
FAX 048-955-1767
info@misato-y.ed.jp